メニュー

当院に導入している診療機器

remora4

FINDEX社電子カルテREMORA、画像ファイリングシステムClaio、文書作成システムDocuMakerの導入により、患者様に分かりやすい説明が出来るようにしております。

スリットランプ

zeiss社SL220細隙灯顕微鏡、ハイビジョンカメラシステムにより患者様の目の状態を写真や動画にてリアルタイムにご覧いただくことが出来ます。

OCT

トプコン社DRI OCT Triton plus により、網膜疾患、緑内障の正確な診断、経過観察を行うことが出来ます。また、前眼部OCT機能、OCTangio機能も搭載されており、眼の様々な病気の発見に威力を発揮します。

iolmaster-700

IOLマスター700により、全眼球のOCT画像を取得する事により、測定状態を視覚的に確認する事ができ、特殊眼球形状の検出も可能となります。また、Fixation Check機能により固視不良の検出が可能となり、術後屈折誤差の軽減をおこないます。より精密な白内障手術における眼内レンズ度数測定に威力を発揮します。

 

角膜内皮

 トーメーEM4000により、角膜内皮細胞の測定を負担なく行うことが出来ます。

 

HFA840

HFA自動視野計解析装置により緑内障の診断、経過観察などを行うことが出来ます。

 レーザー

ZEISS社コンビネーションシステムは光凝固レーザとQスイッチNd:YAGレーザを1台のスリットランプに搭載したコンパクトなレーザシステムです。患者様を移動する事無く2種類のレーザでの治療が可能です。

 

無題

TOMEY   UD8000 超音波ABモード装置により、網膜硝子体病変の動的な観察ができ、眼底病変が透見できない症例の診断などに有効です。

 

手持ちスリット

持ち運び可能なハンディスリットランプ興和創薬SL-17により、移動が困難な患者様やお子様の眼の状態を診察することができます。

病院外観修正

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME